ディアロのTEAP・大学受験対策

体験トレーニング無料、学習相談無料、資料請求無料

 

 

2016年7月に第一回目がスタートしたTEAPですが、ディアロではいち早くTEAP受験対策も行っています。
まだ始まったばかりのこの試験ですが、上智大学、青山学院大学、中央大学、立教大学、明治大学、早稲田大学、立命館大学・・・など全国の有名大学も採用しています。
大学受験対策はTEAP対策をしてくれる予備校に人気が集まってきています。

 

TEAPとは?特徴とメリット

ディアロのTEAP・大学受験対策

TEAPとは、主に高校3年生を対象とした大学入試を想定して開発され、日本における「大学教育で遭遇する場面を考慮した英語力」考慮してテスト作成されています。TEAPのテスト内容は英検準2級?準1級程度で、日本の高校3年生の英語を測定するのに最適なレベルになっています。

 

テスト内容は総合的な英語力を正確に把握することができるよう「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能で構成されており、日本の英語学習者が苦手としている「Speaking-話す」と「Writing-書く」に特に力を入れています。

 

 

ディアロのTEAP大学受験対策

ディアロのTEAP・大学受験対策

対話式トレーニングが特徴のディアロですが、TEAP大学受験対策にも対話式トレーニングが採用されています。

ネイティブ講師によるオールイングリッシュの映像を視聴した後、ネイティブ講師による英語で対話式トレーニングがスタート。
授業はオールイングリッシュです。
ネイティブ相手にとにかくたくさん話すトレーニングそのものが「Speaking-話す」と「Writing-書く」対策になります。
ライティング添削、発音矯正、録音によるフィードバックなど各種検定・資格試験、大学受験を突破する構成になっています。
ディアロのTEAP対策のサンプル映像を見る

 

 

なかなかネイティブ相手に話したり聞いたりする機会は少ないと思うので、ディアロではTEAP対策だけではなく、英語全般のスキルが身につく上にコミュニケーション能力もグンと上がることでしょう。
>>トップページへ

 

 

体験・資料請求・学習相談すべて無料

↓↓↓↓

ディアロのTEAP・大学受験対策